リサイクルトナーとは

プリンター用のトナーと言えば使い終わればゴミとして捨てるというイメージがあると思います。しかし、そのようなイメージは少々古いと言わざるを得ないかもしれません。今の世の中はエコを意識したサービスや商品が多くなっていますので、このトナーに関してもリサイクルして再利用するという風潮が増えています。それがリサイクルトナーです。どのようなものかと言えば、使い終わってカラになったトナーの中に再びインクを投入し、同じように利用するというものです。

飲料用のボトルを再利用するということがあるのですが、これも容器は消毒するなどして中身だけを入れ替えるのでゴミは出ないのです。これと全く同じ考え方でトナーも再利用しているのがリサイクルトナーなのです。これまでインクジェットプリンタ用のインクは詰め替えた再利用品などもたくさんあったのですが、トナーのほうはこうした商品がありませんでした。

しかし、トナーのほうが高額な品ということもあり、企業等においてもコスト削減のためにこうした再利用品を利用するケースが増えており、需要に従って供給も増えているのです。もちろん、リサイクル品であるが故のデメリットも残念ながら存在しているわけですが、そのぶんこれまでの新品トナーに比べてメリットもありますので、自らそれらを天秤にかけてデメリットがメリットを上回ると考えるならば、このリサイクルトナーを仕事場や家庭に取り入れてみてください。

Copyright © 2014 リサイクルトナーのメリット・デメリット All Rights Reserved.